"何て捨て期な私の汚部屋 "

How lovely my room is!

Day8 - 汚部屋・序章の終焉

今回も動画は・・・(以下略)

 

もういい加減飽き飽きな感じなので? そろそろ趣向を変えないとな・・・とは感じております。

 

 

まあとりあえずは既存動画分、最後までおつきあい頂ければ幸いです。

 

11箱目のつづき!

4品目!! 

懐かしいです。これも前回のデバステーター同様、秋葉のリバティで購入した記憶。

 

  この食玩シリーズ、小サイズなのでボーイズトイでは出来ない一発変形ギミックを内蔵しております。バラしてみると非常に勉強になる。

 

 

 

 

(・・・途中全然関係な過去の工作とか出てきましたが! 動画は見れないのでそれはおいといて)

 

11箱目の中身は大体把握したので、次の箱いっちゃいます。

 

 

 

12箱目!

1品目!

 魂ネイション限定、バンシィ・ノルンの最終決戦時、覚醒してサイコ・フレームが緑色になったバージョンですね。

 

通常品はこちら

ROBOT魂 [SIDE MS] バンシィ・ノルン (デストロイモード)

ROBOT魂 [SIDE MS] バンシィ・ノルン (デストロイモード)

 

 

 

とはいえ、元々小説版でのバンシィサイコフレーム緑色で描かれていたので、先祖返りな気も。

 

このときは装備は完全にユニコーンと同様(ツノ形状のみ違う)でしたが、後にアニメ化した際、 差別化の為に大胆な装備変更が。この辺は商品化を考慮した意味では成功だったと言えるでしょうね(バンシィ・ノルンへの装備変更も時系列パワーアップのような印象を与えるし・・・)

ROBOT魂 [SIDE MS] バンシィ

ROBOT魂 [SIDE MS] バンシィ

 

 

オリジナルであるユニコーン同様高い完成度を誇っており、買って損しないロボット魂と言えるでしょうね。

 

そしてこちらの商品!

 ちょうどユニコーンあたりからAGPとロボット魂とで装備の共用互換が始まっており、揃えて楽しめる商品。プレバン限定なので高騰化してましたねー

 

 

 

2品目!

魂ネイション続きます!

 映画限定コンボの商品化。

 

オーズと言えばコンボチェンジ(頭部・上半身・下半身の組換え)がプレイバリューですが、これはもう完全にこれで成立しているものなので、オリジナル遊びでしか使えない感じですね・・・そういう意味では限定品に相応しいアイテムかと。

 

まあ下半身とかもろにタジャドル(コンドルレッグ)なんでね・・・

S.I.C. 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ

S.I.C. 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ

 

 

 

3品目!

ウルトラマンギンガ DXギンガスパーク

ウルトラマンギンガ DXギンガスパーク

 

今に至る新体制で臨むウルトラシリーズ、その1作目となるウルトラマンギンガの変身アイテムです。

 

こちら、現在に至るまで年間通じて店頭に並ぶウルトラヒーロー・ウルトラ怪獣のソフビを、そのままキーアイテム化するという逆転の発想のもと開発された商品。

 

どういうことかと言うと、ソフビの足裏にNFCチップと呼ばれる識別シールを貼り付け、それをリードすることで専用の音声がなる・・・というもの。

 

平成ライダーや戦隊ではおなじみのキーアイテムですが、ウルトラでは実績がないしコンテンツの売上げ的にも大きく差が開いている。

 

そんな中、既存アイテムを利用するという発想は秀逸でした。

 

とはいえ、コストの問題で小サイズ化しなければいけない、という大人の事情に便乗した手法とも見受けられますので・・・世知辛い世の中です。

ウルトラヒーローシリーズ 11 ウルトラマンギンガ

ウルトラヒーローシリーズ 11 ウルトラマンギンガ

 

 

後にプレバン限定でダークスパークも登場。

 個々の音声は通常通りですが、「ダークライブ!」等は専用で禍々しい口調になっています(こちらも未開風やわ・・・そういえば)

 

 

 

最後4品目、思い出したかのように!

こちらも魂ネイション限定!!(ウェブ抽選販売も)

 本来商品化予定のなかったバロンのレモンエナジー、大人気につきイベント限定商品として登場!

 

鎧武の方はどんどんパワーアップしていくのに対し、ライバルであるバロンの方は二段階目のパワーアップすらない・・・という点に関し、脚本の虚淵氏の要請によって誕生した、バロンのゲネシスドライバー使用形態です。

 

鎧武・極アームズと対を成す最終形態としてはロードバロンがあるのですが、これは完全にインベス化した姿ですので、最後も最後でしか使えない怪人枠。よってその間を繋ぐライダーとしてのパワーアップが必要だったが故の措置なのです。

 

 

 

 

ちなみにボーイズトイであるACシリーズでは、バロンとデュークをニコイチすることで再現が可能。

レモンエナジーアームズの表面は全面銀塗装で剥がれやすいので、落としたりしないよう注意してね! 

 

 

 

この変身に使うレモンエナジーロックシード、DX版はソニックアローの同梱品なのですが、発売開始時はそれほど売れてはいませんでした(メロンエナジーが入ったゲネシスドライバーの方が人気だった)

 

 

あくまでデュークの変身アイテム・・・としてだけどの認知だったからです。

 

ところがどっこい、鎧武・ジンバーレモンアームズの登場に

 

え、メロンじゃないの?

 

と慌て出す人々。

 

さらにさらに、バロン・レモンエナジーアームズの登場が拍車をかけます。

 

主要キャラが続々と使うことで、いつしかアイテムとしての価値はメロンエナジーよりもレモンエナジーの方に傾いていくのでした(貴虎兄さんこんなんばっかや・・・)

 

 

 

後にゲネシスドライバーは戦極ドライバーとともに再販されるのですが、

 

そっちじゃねええええソニックアローの方だあああああ!!!

 

と激怒したファンも多かったとか?(笑)