"何て捨て期な私の汚部屋 "

How lovely my room is!

Day7 - 汚部屋オンパレード!

はい、あいかわらず動画UPできませんよ~(泣)

 

というわけで前回ラストに意味深に登場した(のはご覧いただけませんが)、白い箱の正体は!

 

・・・特に前フリもないので、さっそく本編行きましょう。

 

タイトルの謎はこのあと明かされる!?(そんな大したもんでは・・・)

 

本日の発掘品

まだまだ引っ張る10箱目~

 

6品目!

 はい、夏映画のプレミアム前売り特典ですね。ですが本編には登場しません~

 

「フルーツ鎧武者、オンパレード!」 

 

うん、まあそういう作品ですけどね・・・そんな作品じゃないですけどね・・・(葛藤)

 

 

 

アイテムの位置づけとしては、今年でいう所のコレですね。

 こちらは映画でも重要?な役割を果たしたし、何よりみんな大好きゲンム・レベルX-0に変身するにはなくてはならないアイテムですから。

 

 

そもそも鎧武がレジェンドライダーに変身する為のロックシードに鎧武がラインナップしている・・・という矛盾を抱えた商品なのですが、

 

そんなの関係ねぇ!欲しいもんは欲しいんだよ!

 

という心の叫びは大きいお友達ならご理解いただけるかと。

 

ちなみに鎧武ロックシードはこれだけに留まらず。

 のちに主要キャラ4体をラインナップしたアイテムが限定アイテムとして登場。

 

こちらの方が通常のレジェンドの一環という感じがしますよね。

 

 

さらにさらに、5キャラのセリフが聞ける、もはや変身アイテムであることを度外視したアイテムも登場。

 

今や大人向けアイテムとして多大なる支持を得た劇中セリフ発声玩具ですが、それもこれも鎧武でのヒットあればこそなのです。

仮面ライダー鎧武 (ガイム) DX極ロックシード

仮面ライダー鎧武 (ガイム) DX極ロックシード

 

 

まあ過去になかったわけではないのですが、そこまでのムーブメントにはならなかったので。

サイクロンメモリ フィリップ決めゼリフVer. 限定品

サイクロンメモリ フィリップ決めゼリフVer. 限定品

 

 

鎧武という作品がシリアスなストーリー展開に留まらず、多数の個性的なキャラが口にしたくなるセリフの数々を遺してきたこと。そしてそれを玩具に組み込んでしまったこと。

 

これこそが平成ライダーにおける功罪、開けてしまったパンドラボックスと呼べるのではないかと。

 

 

 

というわけで今回はひたすら鎧武ロックシードで遊ぶ動画だったので、現在に至る音声玩具事情の一端を紐解いてみたりしました~(いや、動画見れないんだけどね・・・)

 

 

 

 

チラッと爆丸が映りましたが、これ他人様から頂いたものなんでよく知らないんですよね・・・自分で買ったのもあるんですけど。というわけでスルー

爆丸 BTC-46 爆テクブースターパック 翼 (トライ) ファルコ

爆丸 BTC-46 爆テクブースターパック 翼 (トライ) ファルコ

 

 

 

ようやく見切りをつけ、11箱目!

 

今回もギッシリですが、箱だけのはほっといて!

 

 

とりあえず目をつけた1品目は!

こちら、公開当時の単品売りですね。確か秋葉のリバティあたりでまとめ買いしたような・・・

 

後の映画(MOVIE3かな)公開のタイミングで、セット売りとして改めて発売してた気がします(色も変化)

トランスフォーマー ムービー AD13 デバステーター

トランスフォーマー ムービー AD13 デバステーター

 

いや~、これ小さいけど(小さいがゆえに)設計にメチャメチャ苦労してる逸品なんですよねえ。人型じゃないからラクと思われるかもしれないけど、単体での変形もこなしつつの7体合体ですからね?そりゃ尋常じゃないでしょう・・・ 

 

サクッと2品目!

 

ドリームトミカバットモービルです(ついでに実車のFJクルーザー)。

トミカ ドリームトミカ No.146 バットモービル

トミカ ドリームトミカ No.146 バットモービル

 
トミカ ドリームトミカ No.148 バットモービル 4th

トミカ ドリームトミカ No.148 バットモービル 4th

 
トミカ №085 トヨタ FJクルーザー (箱)

トミカ №085 トヨタ FJクルーザー (箱)

 

バートン版とノーラン版、両方買ってますが、自分的にはノーラン版が好きです。

 

バットポッド離脱のギミックもさることながら、メカとしてのカッコよさですね。ちなみに実際走る車が作成されています(バートン版はまともに走れる形状じゃないので・・・その辺は映像のウソで誤魔化してます)。

 

この辺は下記の本に詳しいので、是非ご一読を~

ジ・アート・オブ・バットマン・ビギンズ―シャドウ・オブ・ザ・ダークナイト

ジ・アート・オブ・バットマン・ビギンズ―シャドウ・オブ・ザ・ダークナイト

 

設定好きにはたまらない、メイキング的な話が盛り沢山なので、バットマン自体にそれ程興味がない人でも楽しめます。 

 

 

さらなる3品目!

 海外発売品等、既存アイテムをリデコで別なキャラクターとして展開するという極めてTF的な企画、TFクラウドよりホットロディマスです。

 

元になった商品は海外版のコレ

 トリプルチェンジャーとしてここまで・・・!という完成度を誇る逸品。某サイトでも年間ランキング1位に輝きました!まあ当然です。

 

後に国内でも発売しました・・・が何だか色合い的にこれじゃねえ感が。

トランスフォーマー LG19 スプラング

トランスフォーマー LG19 スプラング

 

 

まあそんなリデコアイテムなんですが、本来のスプリンガーの成型色の関係もあって、ホットロディマスの方は頭部が全塗装になっています。

 

何か問題でも?というと大問題で、ここ、変形のときに干渉しやすい部分No.1なんですよね。

 

故に塗装だと剥げやすいことこの上ない・・・

 

ここはコストかかっても新規造形で対応してくれた方が嬉しかったかなあ。

 

 

とは言えとても優秀なアイテムであることは間違いないので、国内版のスプラングでもいいので是非お手にとっていただきたい。その意味が必ずわかると思うので!!